住宅ローン

2016年10月26日 (水)

住宅ローン残高証明書

生命保険や地震保険の控除のための
証明書が届き始めるきょうこの頃・・・。

そのなかに、ぺらっと圧着式の銀行からのハガキ・・・。
住宅ローン残高証明書。

これも、年末調整の時に
住宅ローン減税を受けるためのすごく重要なハガキ。

この残高をもとに、現在措置が受けられるかどうかが
判断されます。

うちは40万円返ってきますので、
生命保険の控除の便り以上に大事なハガキ。

でも、中に記された、ローンの残高をみると
ぎょえっと思う。
●●●●万円・・・。

返し終わるのも、気が遠くなるような年。
今の人類の寿命を考えても
元号は明らかに変わっている年・・・。

それでも、ありがたい住宅ローン減税。

年末調整は給料にしれっと還付されるから
使ってしまわないように気を付けないと・・・。

2014年6月17日 (火)

中間金の手続き@RISONAミッドタウン

上棟を前に、中間金を納める手続きを
またもやおしゃれ銀行のRISONAへ行ってきました。

やっぱりここは、銀行の感じがしません。
おしゃれすぎて。

久々にお会いするポウハウスの営業のIさん、
そしてもっともっと久々の新人営業マンのOさん。

手続き自体は、申込書に実印をポンと押すだけで終了。
これだけで、1000万以上のお金が送金されるわけです。
こう考えると、ハンコってすごい。

そのあと、銀行の好意で
打ち合わせスペースを使っていいと言ってくれたので、
しばし、上棟に向けてのことや最近の住宅事情について
談笑する。

これで、無事、上棟の前日に中間金が
ポウハウスに納められることになりました。

2014年1月20日 (月)

金消契約@RESONAミッドタウン

いよいよ住宅ローンの契約です。

りそな銀行東京ミッドタウン支店で口座を作り
担当の支店に指定しました。
会社から一番近いのでそこにしたのですが・・・
行ってみると、銀行のイメージがなくホテルな感じ。

東京ミッドタウンができるときに
りそな銀行がちょっと違った形態の店舗を!という趣旨で
作ったようです。

モダンな内装、営業時間も
通常の店舗より遅めの開店で、遅め閉店時刻。

さてさて、銀行の担当者2名、ポウハウスの営業Iさん
土地の仲介業者指定の司法書士、
それに私とオクサン。
なかなか大人数です。

まずは、口座を開くことから。
この口座から、住宅ローンの返済額がひかれていきます。
ミッドタウン支店で口座を開くと
通帳が無いのだそうです。
しかも、キャッシュカードが緑のりそな標準ではなく
エンジの「RESONA MIDTOWN」と書かれた
ちょっとおしゃれなカード。
へー、って感じ。

この口座開設の儀式はまだ序盤戦。
その後の住所と名前と押印の儀式がこれまた大変。
 
金銭消費賃貸契約←これがいわゆる住宅ローン契約
抵当権の契約書
住宅の担保契約書
金利引き下げの特約
登記の契約書・・・
なかなか大変です。

登記に関するものの住所は
印鑑証明通りに書きます。

司法書士は、用が済んだらすぐにお帰り。
日当は17000円。所要時間は1時間、往復の行き来入れて3時間。
いい商売です。

で、最後にきょう結んだ契約をおさらいしました。
とりあえず、こちらは指示されるままに
書類に書いていたので何に書いたのか
その時点では、全く覚えていません。
なので、控えを元に、振り返りました。

金利についても、ここで説明を受けます。
変動金利の5年ルールもしっかり聞きます。

あとは、おまけで収入保障の医療保険なんかの
営業も受けます。

さてさて、そうこうしているうちに、
時計の針は2周半していました。

泊り明けで眠いはずの契約でしたが
何とかもちました。

ミッドタウンでオクサンとお昼のかつ丼を食べて
六本木をあとにしました。

2014年1月17日 (金)

住宅ローン審査で四苦八苦

とりあえず、りそな銀行で
住宅ローンの本審査が通った訳ですが、
あれこれ大変でした。

事前審査で通った銀行にも
土地の担保評価が低いと言われ本審査で蹴られました。
土地の仲介業者が事前審査で
土地契約の重要事項説明書を添付しておらず
土地の全容を事前審査では把握できておらず
このような結果になったとのことです。
土地の仲介業者に落度を感じます。

この担保評価が低くなった原因は
接道している道路が「所有者不明の私道」だからとのことです。

所有者不明の私道は、なにかあった場合、
責任の所在が良く分らないからのようです。

これを担保の評価を低く見た銀行もあれば、
特段、何ともなくみてくれたた銀行もある。

本当に住宅ローンの審査は
ブラックボックスです。

自分自身の信用情報もしかり
担保評価もしかり
分からないものだらけです。

そんななか豊かな経験を元に
自分のせいでもないにもかかわらず
書類を取り寄せたり、動き回ってくれた
ハウスメーカー・ポウハウスの営業Iさんのおかげです。

これが提携ローンでなかったら
大変だったかもしれません。

とりあえずよかった。。。
Iさん、ありがとうございました。

2014年1月16日 (木)

住宅ローンの借入銀行決定

いろいろありましたが、
ようやく住宅ローンの借入をする銀行が
決まりました。

りそな銀行で
引き下げ(優遇)金利▲1.75 で
満額回答でした。

三菱東京UFJ 銀行は、
なんと担保評価が低くゼロ回答。

ろうきんは、土地の担保評価が低くく
数百万円の減額回答。

みずほ銀行に至っては、
事前申込みから1か月以上たっても
返答なし。
ワタシのメーンバンクなのに
大丈夫でしょうか。

まぁ、なにはともあれ
土地の売買契約書の住宅ローン特約を
使わずに済んでなによりです。

あぁ、よかった…

2014年1月 8日 (水)

ローン申込みの用紙記入@自宅

赤羽の展示場で
ローンの本申し込みを済ませたと
先日書きました。

しかし、ちょっとした不安要素がみつかり
申し込みの方法変更。

営業のIさんに急ぎ連絡して
善処できる方法を仰ぐ。

すると、翌日に
赤羽で書いた書類一式を自宅に持って行くので
自宅で書き(書き直す)、
そのまま、持って行ってもらうことにした。

前日に書いた書類もあって
半分以下の時間で書き終えた。

はー、なかなかローンは大変です。

2014年1月 7日 (火)

住宅ローン本申し込み

きょうは、仕事のあと
赤羽の展示場まで赴いて
住宅ローンの本申し込み。

本申込みと言っても
借入額の変更やオクサンとの共有物件にするので
結局、事前申込みからやり直し。

以前通ったやや少ない借入額の事前申込みを添えて
提出します。

申込み先は、東京三菱UFJとりそな。
ろうきんは、まだ事前申込みの結果が来ない。
なかなか悠長です。

ちなみに、先日ハウスメーカーを通じて出した
住信SBIは、減額回答。

ちょっと金額が足りないので、
今回は、却下。

前も書きましたが、ローンの審査は
緊張します。

2013年12月29日 (日)

住宅ローン審査結果

年の瀬に立て続けに
銀行からローンの審査結果が来ました。

東京三菱UFJ ◎
りそな  ◎

イオン銀行 ×

イオン銀行は、ペラペラの封筒。

やっぱり合格通知のようです。

通った方は厚い封筒できます。

通った2行も仮申し込み。

しかも、ハウスメーカーの見積もりを
満額反映させていません。

あと200万円ほど高くなる見込み。
さて、通るでしょうか。

でもひとまず安心。

2013年12月22日 (日)

決断の日

上物の決断の日。
土地の決済も1か月後となり
上物をそろそろ決めて
住宅ローンを進めないとまずい。

そんなこともあり、ハウスメーカーを選定することにした。
金額は、無印の家が優位だが、
ポウハウスも前日の越谷の打ち合わせで、
200万ほど抑えられる見込みが立った。

それから、提携のローンも充実して
つなぎ融資もしてくれる。
レールに乗せてもらえれば、
流れに任せることができるし
営業もデザイナーも信頼できそうなので
ポウハウスにすることにした。

と言うことで、営業Iさんへ電話し
契約書の作成に入ってもらった。
時間がかかるので間に合うかどうかわからないと言われ
意味が分らなかったが、
契約の机につくと意味が分った。

赤羽のアルジールの2階のダイニング。
広いテーブルにいっぱいの書類。
まずは、細かな書類と約款の説明から。
そのあと、工事請負契約書。
工事請負契約書は、冊子になったしっかりしたもの。

時間がかかる意味が分った。

途中から、きょう契約だと聞きつけた
デザイナーのUさんも来てくれて、
実印にて押印。
手付金も支払った。

5月着工、9月竣工。

2時間半の契約の式。

同時に低金利で有名な住信SBIのローンも申し込んだ。

細かな間取りの詰めの話しは
1/19までに決めるということになった。
しばらく、打ち合わせが続きそうだ。






2013年12月11日 (水)

住宅ローンをどうするか

土地の購入がきまり
次に待つのは、住宅ローンを組む先を決めること。

住宅ローンは、本当に難しい。考えることがあれこれ。
固定金利がいいのか、変動金利がいいのか。
ネット銀行がいいのか、メガバンクがいいのか。
保証料は内枠がいいのか、外枠がいいのか。
保証料が無い代わりに、同じくらいの事務手数料がかかるだとか。
分割実行が出来る銀行なのか、つなぎ融資が出来るのか・・・
考えても考えても次の疑問が出てくる。

審査に通らなければ全く意味が無いが、
選択肢は幅広い。各行一長一短。

ハウスメーカーによっては、
提携銀行のローンがあって
そこを使うと金利の優遇が受けられる。
なにより、申込書を書くだけで
あとはハウスメーカーの営業がやってくれる。
それが一番楽。

ひとまず、土地の仲介業者の斡旋で
りそな、みずほ、東京三菱UFJのメガバンク3行の
申し込みをした。

それとは別に、イオン銀行にも申し込んでみた。
そしたら、すぐに電話があり、あれこれ聞かれた。

ローンの結果って、人の信用情報と収入能力が主なので
人生の採点をされているようで
なかなか結果がおそろいい。

(バックデイト記事)