見学・下見

2014年9月 6日 (土)

蓄電池設置の下見

新居には、蓄電池を設置しようとしています。

何かエコなことをしたい、
もっと言うとエコと言うより節約できる住環境を作りたいのが目標でした。
ただ、狭小地の住宅は屋根も小さく今の費用では太陽光パネルの設置はもったいない
また、エネファームやエコキュートは、機器が大きいのと低周波な音を発するとのことで
近隣住宅への配慮を考えて見送りました。

それで、行き着いたのが蓄電池です。
蓄電池は購入ではなくレンタルです。
蓄電池は、購入すると100万円以上かかりますが
レンタルでは東京都内は補助があって3000円。
オリックスとNECなどが一緒になって作ったONEエネルギーという会社が
レンタルしてくれます。

蓄電池のメリットは、停電時に自力で電気が確保できるのと
安価の深夜電力で電気をためて、昼間に使えるので電気代が安くすみます。


今回は、そのONEエネルギーとその施工業者が下見に来ました。

ハウスメーカーのポウハウス(ポラテック)とONEエネルギーには
提携関係はありません。
従って設置にあたっては施主が仲介しなくてはなりません。


既存の家への蓄電池の設置は、配線は露出配管で行われますが
見た目を良くするために今回は隠蔽配管にしました。
そのためには、ハウスメーカーの理解が必要です。
ポラテックはすごく丁寧にONEエネルギーと連携を取ってくれて
設計の段階から、蓄電池を設置したい旨は伝えてあったこともあり
家の建築段階で蓄電池を設置するうえで予め考慮しておいた方がいいことを
ONEエネルギーに聞いて設計図に反映してもらいました。


設置は、家の引き渡し後にするために
下見だけは建築中にしてもらうことにしました。
それがすごくよい結果に結びつきました。

今は、内装工事前です。
そのため、クロスは貼っていません。石膏ボードの状態です。
なので、壁の中も石膏ボードを開けることにより、まだ見られたのです。
たまたまでしたが、ナイスな下見のタイミングでした。


14100806423150

下見は3時間以上の長丁場でしたが、現場監督のKさんもつきあってくれて
万事、うまくいきました。

ONEエネルギー
http://oneenergy.co.jp/index.html

2014年6月 8日 (日)

トイレと洗面台

2階の収納付システムトイレと洗面台は施主支給しようと
思っています。
施主支給することは、ハウスメーカーには伝えてあり、
設置するものも実はLIXILで決まっていました。
しかし、調達元の事情でLIXIL製品が
仕入れができなくなってしまいました。

無論、調達する所を変えれば
問題なく行けたのかもしれませんが
せっかくの機会なので
LIXIL以外の製品も一通り見てみることにしました。

今まで、どちらかと言うと
キッチン以外の水回りは全部LIXILの予定でした。
特に、これには理由がなく
ハウスメーカーが標準でつけていたものが
LIXILだったので、ショールームも
LIXILしか行ったことがなかっただけなんです。

で、あれこれ今になってみてみることにしました。

まず、トイレ。
収納トイレはLIXILしか無いともっていましたが
そんなことはありません。
最大手TOTOも出していました。
それがレストパルです。

手洗器が陶器でなかなかいい感じです。
便座も最新のアプリコットと同じ仕様。
ちなみに、これまでつけようと思っていた、
LIXILのエレシャスは古いPASSOです。
これは、TOTOに軍配です。

Plan20_photo
TOTOのHPより


次に、洗面台です。
一番最初にハウスメーカーが勧めてきたのは
PanasonicのC-LINEと言う洗面台でした。
だけど、これもLIXILの方にいつの間にか変わっていて
C-LINE→LCのMセレ→ミズリア・・・
こんな感じでした。

本当はC-LINEが見たくて行った汐留のショールームでしたが
見れば見るほどいいものが欲しくなってきます。
ショールームで見たラシスにオクサンと目が留まりました。

で、調達元に見積もりを出してもらうと
機能を絞れば意外と安くおさまることが分かりました。

間口の大きいのにしたかったのですが
そこまですると完全に予算オーバー。

ということで、
ボールが片寄のタイプのラシスにすることにしました。
これだと、造作の洗面な感じもします。

ラシスは、ちょっと楽しみです。

Planp_04
PanasonicのHPより

2014年2月23日 (日)

またまたLIXILショールーム@新宿

LIXILの新宿ショールームへ
再度足を運ぶことにした。

理由は、洗面台を改めてみてみたいから。
というのも、ワタシが
標準の「LC」というシリーズがどうしても安っぽく見えるために
もう一つ上の「ミズリア」というタイプにできないかどうか
見てみたかったのだ。

やっぱり、LCのボールの部分が
真っ白でいまいち安っぽい。
W120にしたのでドーンとした
広々感はあるのだけど
安っぽさが前面に出てしまう。

で、ミズリアを検討。
初めは、足元に収納がないタイプで
ボールも片寄タイプがいいと思っていたけど
見ているうちに、収納があるほうが
よく見えてきた。
そちらのほうが安いし。。。

定価ベースで、LCのW120と
ミズリアのW120であまり差がない。

となればLCであるはずがない。
あとは、購入額の割引の掛け額だけ。
さて、HMに聞いてどう出るか。。。
安くなければ、ネットで調達して
施主支給でというのも一応頭に入れてある。

ついでに、キッチンも見てみる。
すると、「降雪の影響により受注見合わせ」との
案内が張られていた。

どうやら、先週末の大雪で
工場がやられてしまったようだ。。。
まじかに施工を予定していた人たちは
どうなるのだろうか。。。

まあ、LIXILのキッチンは、高いのはよく見えるけど
それ以外は、まったくよく見えず
チープに見えてしまう。
そう思うと永大のは、まだコスパがいいのかもしれない。

あと、玄関ドアも見てみたかった。
玄関は家の顔なので、慎重に選びたい。

今まで、真ん中に採光窓のあるタイプだったのだけど
今一度見てみると、あんまりよく見えない。
時間がたって見てみると印象が変わるものだ。
色も、アイリッシュパインがいいとおもっていたけど
これもまた違う。
ハンドダウンチェリーがよく見えた。

Dsc01499_convert_20140223220206

S_dsc01501

うーむ、これはよくわからないし
人間の感覚というか印象というか、
見るたびにかわってしまう。

てなことで、改めて
見に来てよかったという感想だけ残った
ショールーム見学(再)でした。







2014年2月22日 (土)

お宅の床拝見@新越谷TBSハウジング

ポウハウスでは
すこし仕様のグレードを上げると
無垢のフロアにできます。
カバの木か赤松の木です。

風合いや色のイメージを沸かせたくて
展示場へ足を運んでみました。

越谷のウッドスクエアまではよく行くのですが
新越谷の展示場は初めて。
TBSハウジング新越谷会場の一角にあります。

こちらのシンプルモダンなアルジールと
和風テイストの和美庵があります。

アルジールは、無垢のカバ、
和美庵は赤松です。

赤松のほうが、木が反って
天然木の感じがよりわかります。

赤羽の展示場の
カバはよく反っていたけど
ここのは、合板のフローリングのように
ピカピカです。

使っているに内に
風合いは出てくるようですが。。。

参考になりました。

キッチン収納物色@IKEA新三郷

これまで、キッチンの作業台兼収納を
ずいぶん迷ってきました。

と言うのも、
HM標準の収納棚がちょうどいいサイズがないので
カスタマイズせねばなりません。
それをすると、値段がぐっと上がるのです。

ということで、HMだけではなく
別のところでも見てみようということにしました。

そこで、思い立ったのがIKEA。
新三郷までいきました。
事前にプランニングサービスを予約して
プランナーと打ち合わせます。

IKEAなら、思うように希望のサイズで
作れたのですが・・・
思うようにいかないのが、値段。

IKEAの最大の欠点は、送料です。
また、施主支給ということになるのですが
造作してもらう業者にも
工事費を別途払います。もちろんですが。

また、カウンターが2m超あるので
簡単には階段から入れられません。
それだけでも難しいです。

物代だけで12万円前後。
工事費はあとで見積もりが来ましたが8万ほど。
都合20万円。

世の中そんなに甘くないようですね。

これをみて
HMが提案するものが
相応の金額ということがよくわかりました。
いい勉強になりました。

2014年2月 1日 (土)

ショールーム行脚@新宿

きょうは、新宿にあるショールーム2軒を行脚。
まずは、NSビルにあるEIDAI(永大産業)。

NSビルはご存知、新宿ビル群のひとつの高層ビル。
そのなかの一角にショールームはあります。

お昼時に行ったせいか、
お客さんは僕ら以外に2組ほど。

決して広くはないですが
ゆっくり見られる感じです。

EIDAIのメインはキッチン。
ポウハウスの標準がEIDAIで
ラフィーナと言うシリーズです。

オクサンは、ステンレスパネルがお気に入り。
でも、これはオプション設定。
ざっと定価で20万アップ。
あとはどのくらい安くなるか。。。

あとは、床や建具もありますが
イメージがわかないものです。

アルティモードと言う建具が検討の一つになっていますが
ショールームには鏡面仕上げのテカテカしかないのですが
こちらが所望するのは、艶消し。
この辺は、消化不良な感じです。

で、今度は場所を変えます。
100円バスに乗り、ちょっと手違いで遠回りましたが
西新宿の住友不動産新宿グランドタワーへ。
ここにはLIXIL(リクシル)のショールームがあります。

LIXILは、いろんな建材メーカーが合併し
総合建材メーカーになりました。
結果、トイレ、バス、洗面台と言った水回り、サッシ、タイル、
キッチンまでなんでもそろいます。

Dsc01476  

なのでショールームもバカでかい。
ロッカーに荷物を預けて、
コーディネーターに案内してもらって回ります。

土日は大変な混雑で、デパートのように
老若男女がぞろぞろしています。

コーディネーターの順番待ちが1時間くらい。
案内してもらえる時間が1時間くらい。
大忙しです。

コーディネーターは女性ばかりですが
知識が何とも豊富。
あとから聞くところによると、
合宿で10日以上、研修するようです。
そのくらいしないと、この知識は習得できませんね。

Dsc01477_2

で、まずはバスを見定めます
ポウハウスの標準は、Kireiyuと言うユニットバス。
標準でもなかなかいい設定になっています。

でも、私たちは、もっと良くするために
縦長ミラーをワイドミラー、
折れ戸を引き戸にして
高級感と快適性を向上させます。

アクセントパネルは、クリエモカ。
バスタブは半身浴と節水が売りのエコベンチ浴槽。
イメージを作れる、ミニチュアが面白い。

Dsc01479

Dsc01482

Dsc01483

Dsc01481

Dsc01480

 

次は、洗面台。
ポウハウスの標準はLCというシリーズ。
ここもオクサンは力が入ります。
メイク用のカウンターをオクサンは所望していますが
今の設計図では、カウンターが造作になっています。
しかし、LCの120センチ幅のタイプがなかなかきれいで、
安ければこれでもいいのではと言うことになりました。

ミズリアというひとつ上のグレードもあって
そのカウンターが素敵ですが値段も1.5倍くらい。

しかし、LCでもポウハウスの見積もりだと、
定価の半値以下。
はやり、ハウスメーカーの大量購入だと
随分安くなるのですね。。。

洗面台も、バスと統一感を持たせるために
クリエモカのパネルに。。。

次はトイレです。
トイレがまたビックリ。
staff onlyと書かれたところのドアへ連れて行かれます。
すると、便器が3つ。

「このタイプになります」とコーディネーター氏。
このコーナーは、ハウスメーカー専用の便器が展示してあります。

ポウハウスの標準はベーシアと言うタイプです。
一般には売られていないモデルのようですね。

いろいろへーがある建材の裏事情ですが、
次は玄関ドアです。

うちは「準防火地域」なので金網入りのガラスです。
例外なく、ガラスのあるドアにも金網が入ります。

ドアも一通り揃えられていて
手にとって質感などを見られます。

デザインには
シンプルモダンかつナチュラルを取り入れたいので
木目のドアを所望です。
外壁にあうイメージを探します。
なかなか難しいです。

鍵の種類もいろいろで
いまは電気錠も普通です。
おサイフケータイがカギになるのが
いいなと思いました。

そうこうしていると
いつもの間にか夕方に。
もう陽は、西に傾いていました。

ちょうど、同じビルで行われていた
大学入試と終わりが一緒だったようで
受験生らとごった返しながら
家路につきましたとさ。

あー、勉強になった。

2014年1月20日 (月)

オープンハウス@赤羽西

ポウハウスで建てた方のお住まいを
覗かせてもらうオープンハウスへ行ってきました。
同じ北区で、敷地の面積もほとんど一緒。
角地と言うことくらいが違いますが
大いに参考になりそうなので見せてもらいに伺いました。

うちと同じガレージハウスで、車がすっぽり入るタイプ。
シャッターもうちが考えているのと同じ。
思いのほか閉まる音が静か。
エントランスが、おっと!?と一瞬感じるアクセント配色。
うちはこれが出来る勇気はないな。
ドアを開けると、鏡面のフロア。建築時に大工さんのアドバイスで
フローリングから変えたよう。
うちもこれにしようかとオクサン。高級感が増す感じ。
こちらのお家も玄関から向かってガレージがのぞける感じ。

2階は吹き抜けのあるリビング、一段高いダイニングとキッチン。
図面で見るのより、広さは感じなかった。
クロスにかなり力が入ってたかな。
うちは、シンプルで行きたいかなと感想。
木目を重視したナチュラルな感じと、広く見せる白のクロス。

キッチンでの不満は、シンクの水が向かい側に
はねることを仰っていた。
アクリル板をつけると汚れるし・・・悩ましい。

洗面室、バスルームも渾身の力作。
造作のカウンターに円形のボウル。
トイレの後ろのクロスはスタバ風。
憧れるな。しかし、高そう。
見積もりばっかりが気になってしまう。
バスルームは至って普通。リクシルの標準。

3階は、うちと同じテラス。
ウッドデッキも素敵。かなり広いです。2畳分くらいあったかな。
将来の子供部屋になる部屋も広く8畳。うらやましい。
うちの3階はこの一部屋くらいかな。

2階3階の吹き抜けの一部はご主人の趣味のスペース。

なかなかこだわりのあるご夫婦で、
立派なうちが出来ていました。

ポウハウスの決め手はデザインと担当の営業さん。
うちと同じ営業Iさんだけど、
たしかに1人前以上の仕事をしてくれる。
うちも既に助けられているから。

この施主さんのことばを聞いて安心しました。
ついつい1時間半もお邪魔してしまった。

このあと、練馬の展示場を覗いてみました。

2013年11月17日 (日)

加平の和美庵

先回、ポウハウスに行って、すてきな家を見つけた。
足立区の加平と言うところに
和風スタイルの和美庵というタイプの家があって
その外側の縦の外格子が何ともおしゃれ。
外からは見えず、中からは見えて
見た目も美しい。

で、僕の連絡の仕方も悪く
営業がついてくれずにセルフで見学に。
展示場によくいる、庶務のおねえさんが
対応してくれたのだが
そのひとは何度も「畳返し」「畳返し」と
同じ機能を紹介してきた。

さっき、聞いたばかりなのに、
「畳返しご覧になりました??」とか
再度聞いてくる。。。

あー、マイナスだね。。。

家自体はとってもいいのに残念な対応でした。。。


(バックデイト記事)

2013年11月 4日 (月)

ポウハウスに出会う

とあるハウスメーカーからのDMの粗品目当てで、
赤羽の展示場へ足を運んでみた。

なかなかいい粗品、(いいなら粗品ではなく良品か)が
後日送られてくるという。。。
このハウスメーカーは、前述のさえないところだが。。。

その並びにあった、ポウハウス。
ポウハウスと聞いてもピンとこなかったが
これは埼玉を地盤に展開している
ハウスメーカーのポラスのブランドの一つ。

展示場の中でも
ポウハウスの高い意匠の建築に目が止まった。

しかも、ここがよかったのは
30坪と言う敷地にうちが建っていること。
30坪もあれば狭小とは言わないが
僕らが建てる理想の家に近く
想像しやすい。

赤羽には和風の和美庵というモデルと
アルジールと言う真っ白のガレージハウスがある。
そのガレージハウスに僕は惹かれた。。。

ひとまず、この日は時間がないので
足早にポウハウスをあとにした。。。

(バックデイト記事)

2013年9月29日 (日)

無印の家 見学会

きょうは、実際に建てた人の家へ行って
その家を見てみるという見学会。
所謂、オープンハウス。

無印の家にも興味があったので
行ってみることにした。

南浦和駅に集合して無印が用意した
車で現地まで行く。
駅からは随分遠い印象。

うちら以外は、おひとりさまが2組、計3組でした。
そのうちのひとりは、
すでにあちこちの見学会に顔を出しているみたい。

無印の家の実物を見てみると
率直な感想として、「箱」。ひとこと。

今回は「木の家」だったのだけど、
無印の家は、中が広い家を作るので
その中を上手に工夫してね。って感じかな。

シンプルだけど見方によっては、安っぽく見えるのが欠点かも。

まあ、無印はもっとも家を買ってくれなくても
家具を買ってくれればそれでいいのだし。

あと、うちのオクサンは無印の外壁のガルバリウム鋼板
プレハブのようで嫌だと言っていた。

いい勉強になった見学会でした。

(バックデイト記事)

より以前の記事一覧